互助会の加入者全員が一斉に結婚式や葬儀をするわけではなく、ある一定の割合で利用されていくので、皆で出し合ったお金で用意した備品や設備を順番に使っていく合理精神が基本です。したがって計画的に、ロスなく備品や設備、衣装等をそろえることができるうえ、一般の結婚式場や葬儀社にくらべて一度に大量に注文することができるので、市価よりも安く購入することができます。


一度契約されたコースの月掛金や回数、契約内容などは将来にわたって変わりません。たとえ将来、そのコースの募集がなくなったとしても、締結済みの契約内容と利用権は存続します。


全冠協は全国組織なので、全国の互助会と提携し、会員の方が転居されてもご利用いただけるネットワークができています。移転される場合でも、入会の手続きをした互助会の事務局がサービス施行可能な地域の互助会を斡旋いたします。


互助会の掛け金でまかなわれるのは、葬儀にかかる最低限必要な項目として、祭壇・御棺・式場設備・表飾一式・幕・納棺 ・会葬礼状・小物・寝台車・司会・諸手続き・霊柩車・アフターサービスなどに限られています。これ以外に寺院に関わる費用や飲食費、会葬御礼品等、葬儀にかかるその他の料金も必要で、また御会葬者の人数によっても総額が変わってきます。掛け金はあくまで葬儀費用の基本部分を負担するものと判断いただき、ご希望額がある場合は施行担当者にご相談ください。


可能ですが、加入者ご本人の確認が必要です。詳しくは全日本冠婚葬祭互助支援協会の事務局までお問い合わせ下さい。


解約は可能です。詳しくは全日本冠婚葬祭互助支援協会の事務局までご相談下さい。
お近くの冠婚葬祭互助会はこちらでお探しになれます。

このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて