葬儀は宗派によって意義づけも異なり、読まれるお経や式次第なども違います。それらの葬儀の特徴と流れについて、そのあらましを理解しておけば、遺族になってもいざという時に戸惑わず、会葬者も故人を送る気持ちがより深まることでしょう。
天台宗 ▼真言宗 ▼禅宗(臨済宗/曹洞宗) ▼浄土宗 ▼浄土真宗 ▼日蓮宗 ▼神式(葬場祭)
神式(葬場祭)
式の特徴
神道の形式で行われる葬儀は「葬場祭(神葬祭)」といいます(通夜は「通夜祭」)が、仏教伝来以前からすでにあったことが古事記等の古典に記されています。神葬祭では故人の御霊をその家にとどめて、守護神になってもらうための儀式です。神式は葬儀を神社で行なわず、自宅や斎場で行ないます。
神道では人が死去することを「帰幽(きゆう)」といいます。そこで「神葬祭」では帰幽報告の儀にはじまり、枕直し、納棺、通夜祭及び遷霊(せんれい)祭、葬場祭、火葬祭、埋葬祭、帰家祭をもって終了します。

[帰幽〜納棺](遺族)
(1)帰幽奉告 神社や神棚や祖霊舎(それいしゃ)に故人の死を奉告します。この後、神棚の前に白紙を下げます
(2)枕直し 遺体は白の小袖を着せて北枕で安置。守り刀の刃を遺体と逆方向に向け枕元に置きます。
遺体の前に案(白木八足のテーブル)を設け、米・塩・水・酒のほか故人の好物などを供えます
(3)納棺の儀 棺に蓋をして白い布で覆った後、柩前を装飾し、餞(食物)を供えて拝礼します
(4)柩前日供(きゅうぜんにっく) 納棺から出棺までの毎日朝夕の2回、故人の好物であった常饌を柩の前に供え、喪主・遺族が拝礼します
[通夜祭および遷霊祭](遺族)
遷霊祭は故人の御霊を白木の霊璽(れいじ)に遷す儀式です。「御魂移しの儀」を執り行い、斎主により遺体から霊璽へ御魂が移されます。夜間に行うのが本式です。霊璽には霊号、おくり名が記されしばらくの間、仮御霊舎に安置されます。斎主が祭詞(さいし)を奏上し、遺族は玉串を捧げてお参りします。 儀式の前に手と口を清めるためのひしゃくと桶、手やロをぬぐう懐紙を、受付か斎場の入ロに用意しておきます。玉串は弔問客全員にいきわたるように多めに用意するといいでしょう。

式次第と作法についてはこちら
葬儀に参列する>仏式以外の葬儀の作法
[葬場祭](遺族) 仏式の葬儀・告別式に当たり、故人に対し最後の別れを告げる、神葬祭最大の重儀です。弔辞の奉呈、弔電の奉読、神職による祭詞奏上、玉串奉奠などが行なわれます。不浄を防ぐ意味から祭場の回りに忌竹(きちく)を立て、しめなわ、壁代(白布)や幌を張ります。祭壇中央に棺を安置し、遺影を飾り、灯火、他から供えられた榊、生花、造花は柩の前面左右に並べます。

式次第と作法についてはこちら
葬儀に参列する>仏式以外の葬儀の作法
[火葬祭および埋葬祭](遺族)
火葬祭は遺体を火葬に付す前に、火葬場にて行なう儀式です。斎主が祭詞を奏上し、遺族が玉串を奉って拝礼します。
墓地に遺骨を埋葬する儀式です。墓の四方に竹を立てて注連縄で囲み、遺骨の埋葬、祭詞奏上、遺族の拝礼を行います。かつては火葬場から遺骨を直接墓地へ移して埋葬していましたが、最近は一度自宅へ持ち帰り忌明けの五十日祭で埋葬するケースが増えています。
[帰家祭および直会](遺族)
火葬・埋葬を終えて自宅へ戻り、塩・手水で祓い清めて霊前に葬儀の終了を奉告するのが帰家祭です。この後、葬儀でお世話になった神職、世話役などの労をねぎらうための宴である直会(なおらい)を行います。これで葬儀に関する儀式はすべて終わり、これより後は、十日祭、二十日祭、三十日祭と御霊祭(みたままつり)として行っていきます。
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて