葬儀は宗派によって意義づけも異なり、読まれるお経や式次第なども違います。それらの葬儀の特徴と流れについて、そのあらましを理解しておけば、遺族になってもいざという時に戸惑わず、会葬者も故人を送る気持ちがより深まることでしょう。
天台宗 ▼真言宗 ▼禅宗(臨済宗/曹洞宗) ▼浄土宗 ▼浄土真宗 ▼日蓮宗 ▼神式(葬場祭)
浄土宗
式の特徴
禅宗の葬儀では、故人に戎を授け正式の仏弟子にするための「授戒」と、仏の世界に導き入れる「引導」に中心が置かれています。禅宗の葬儀は行と徳を積んで深い境地に達した僧「尊宿」の葬儀法と、修行中に亡くなり尊宿までに至らなかった「亡僧」の葬儀法の2種に分けられ、在家は後者の葬儀法に準じています。臨済宗と曹洞宗は儀礼の細部に違いがあり、地方ごとの習俗でも違ってきます。

[臨終・通夜](遺族)
浄土宗の葬儀は、釈迦に送り出されて極楽浄土に赴くという理念に従って執り行われます。臨終に重きがおかれ、故人に対して衆生とともに極楽往生を願って法要を行い、法要を終えるにあたって四弘誓願を述べ報恩の心で仏をお送りするという、もともとは簡素な儀礼に、法要に授戒と引導が加わったのが葬儀です。
[葬儀式](遺族・会葬者)
浄土宗の枕経は、実際には死後儀礼でも「臨終を迎えつつある方の枕元で上げるお経」という意味合いを持ちます。そのためこの時に行う授戒作法は、故人の往生を願う意思が反映されています。ただし枕経では念仏だけで、授戒は通夜でするのが一般的です。授戒作法の手順は以下のようになります。
(1)奉請(ぶじょう)  諸仏の入場を願います
(2)懴悔(さんげ)
(3)剃度作法・十念 頭を剃る仕草をする儀礼で十念を唱えます
(4)三帰三竟(さんきさんきょう) 仏法僧に帰依することを故人に伝える儀礼です
(5)授与戒名
(6)開経偈(かいきょうげ) 仏法に出会えた機会を逃さず修行することを説きます
(7)誦経(ずきょう) 「四誓偈(しせいげ)」か「真身観文(しんじんかんもん)」など
(8)発願文(ほつがんもん) すべての衆生の救済に努めることを誓います
(9)摂益文(しゅうやくもん) 念仏を唱えるものは仏に守られるという偈
(10)念仏一会(ねんぶついちえ) 感謝して念仏を数多くの唱えます
(11)回向(えこう) 念仏の功徳がすべての者の成仏に益することを願います
[焼香〜出棺](遺族・会葬者)
序分・正宗分(しょうじゅうぶん)、流通分(るつうぶん)の3部構成で行われます。序文は、葬場に諸仏を迎え入れ讃歎すること、正宗分は、引導を含む葬儀の中心部分、流通分は、諸仏と故人を送り出す儀礼です。

●序分
(1)入堂 正式には鐘や太鼓が鳴らされるが、在家信者では略されます
(2)香偈(こうげ) 香をたき諸仏の降臨をねがいます
(3)三宝礼(さんぽうらい) 仏・法・僧に礼をします
(4)奉請(ぶじょう) 降臨した諸仏にお願いします
(5)懴悔 諸仏に対して生前の自己の罪業を懺悔します

●正宗分
(6)作梵(さぼん) 梵語の「四智讃(しちさん)」を唱えます
(7)合鈸(がっぱち) 鈸(はち)を鳴らします
(8)鎖龕(さがん) 棺を閉ざす儀式
(9)起龕(きがん) 棺を起こす儀式
(10)奠湯(てんとう) 葛湯を霊前に供える儀式
(11)奠茶(てんちゃ) 茶を霊前に供える儀式
(12)霊供(りょうぐ) 仏飯を霊前に供える儀式
(13)念誦(ねんじゅ) 導師が節をつけて唱える儀式
*(8)から(13)までは禅宗葬儀に基づくものが多く、一般の葬儀では略されることが多い

(14)下炬(あこ) 二本の炬火(たいまつ 実際には紙などで模したもの)のうち1本を捨て、残りで円相を描きます。終わると十念を授けます。弔辞があればこのあとに入れます。
(15)開経偈(かいきょうげ) 誦経の前に教えの真義の体得を願います
(16)誦経(ずきょう) 「四誓偈」か「仏心観文」が読まれます

浄土宗の焼香は、つまんだお香を目の高さに上げてから香炉にくべます。回数は1〜3回いずれもよいとされています。
(17)焼香
(18)摂益文(しょうやくもん) 念仏を唱えるものは仏に守られるという偈
(19)念仏一会(ねんぶついちえ) 感謝して念仏を数多くの唱えます
(20)回向(えこう) 念仏の功徳がすべての者の成仏に益することを願います

●流通分
(21)総願偈(そうがんげ) 仏道を成し遂げることを誓います
(22)三身礼(さんじんらい) 三種類の身体を持つ阿弥陀仏への帰依を表明します
(23)送仏偈(そうぶつげ) 諸仏を浄土お送りします
(24)退堂
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて