葬儀は宗派によって意義づけも異なり、読まれるお経や式次第なども違います。それらの葬儀の特徴と流れについて、そのあらましを理解しておけば、遺族になってもいざという時に戸惑わず、会葬者も故人を送る気持ちがより深まることでしょう。
天台宗 ▼真言宗 ▼禅宗(臨済宗/曹洞宗) ▼浄土宗 ▼浄土真宗 ▼日蓮宗 ▼神式(葬場祭)
天台宗
式の特徴
密教の儀礼・教義によって行われ、独特の密教法具や真言・陀羅尼が唱えられ、複雑な印が組まれます。密教経典は他の仏教経典と違って、大日如来の教え。故人がすべての本源である大日如来に帰っていくための儀礼となっています。真言宗は古義と新義に分かれ、古儀も高野山真言宗はじめ各派に分かれていて作法も細かい部分で違いがあります。

[臨終・通夜](遺族)
人がなくなると「枕経」で「理趣経』や慈救呪、陀羅尼などが唱えられます。遺体に死装束を身につけさせる時、経帷子や頭陀袋、帯、脚絆などに真言が書きこまれます。納棺では光明真言で加持した土砂を撒き、曳曼荼羅という布を敷いた上に遺体を入れ、さらに覆曼荼羅を載せた上に土砂をかけて納棺します。ただし最近は一般的な白装束ですます場合も多くなっています。
通夜では「理趣経」または「遺教経」や慈救呪、光明真言、宝号などが唱えられます。
[葬儀式](遺族・会葬者)
真言宗ではどの仏を本尊としてもすべて大日如来に通じるとする教えですが、故人宅で葬儀を行う際は、本尊として「両界曼荼羅」や「十三仏の画像」「南無大師遍照金剛」などの軸が用いられます。葬儀の作法については古義の作法にしたがって大まかな流れを紹介します。
葬式作法は導師が入堂すると祭壇の前で、塗香・三密観・護身法・加持香水の法を行います。これらは真言宗の法要の前にかならず行われる導師の準備作業のようなものです。引き続き導師は彫像や画像の仏像に向かって、三礼(さんらい)・表白(ひょうびゃく)・神分(じんぶん)・声明(しょうみょう)を行い、法要の場に諸仏を迎え、誉め讃えます。

(1)入堂
(2)塗香・三密観・護身法・加持香水の法
(3)三礼・表白・神分・声明
引き続き故人に対する受戒作法を行います(新義では通夜で行います)。まず導師がカミソリを手に偈文を唱え、故人の頭を剃る作法から始まります(形式のみ)。次に故人が仏道修行者として帰依することを誓うことを意味する作法として、三帰三竟、十善戒(あるいは五善戒)などが授けられます。その後に戒名が故人に授けられます。

(4)剃髪
(5)授戒
葬儀の中核とも言える引導の儀礼が行われます。印を結び、光明真言を唱えることによって阿弥陀三尊の来迎を願い、六地蔵や不動明王の真言が唱えられます。続いて不動潅頂の印明、弥勒三種の印明などを授けることによって、故人は即身成仏を果たすとされています。このあとに「理趣経」が唱えられて引導は終わります。

(6)表白・神分
(7)引導の印明
旧来はこのあと葬式行列が行われましたが、現在は続いて墓前作法(引導作法)を行います。まず「破地獄」という真言で故人の心にある地獄(煩悩)を取り除き、金剛杵(こんごうしょ)(あるいは五鈷杵)という法具を授ける作法を行うことで、灌頂の受法とします。続いて金剛界胎蔵秘印明と弘法大師の引導の大事が行われ、位牌の開眼、「血脈(けちみゃく)」の授与となります。「血脈」とは師から弟子へと教えが受け継がれることです。

(8)破地獄の印明
(9)金剛界胎蔵秘印明と弘法大師による引導の印明
(10)位牌開眼、血脈授与
[焼香〜出棺](遺族・会葬者)
引導作法後は、故人の生前の功績と徳を讃え、成仏を願う諷誦文(ふじゅもん)が導師によって唱えられ、読経の間に焼香が行われます。真言宗では三回香をくべるのが正式とされていますが、参列者が多い場合は一回でもかまいません。
焼香が終わると故人の往生が祈願され、導師は、導師最極秘印(どうしさいごくひいん)という印を組み、三度指を鳴らします。この音で故人は浄土へ行き、葬儀が終わり出棺となります。

(11)焼香
(12)導師最極秘印
(13)出棺
このページのトップに戻る
きよらかHOME サイトマップ このサイトについて